APPLE スマホ

iPhone12 Proの購入がおすすめ!損しない"たかが"メモリとカメラ!miniやPro Maxは?


2020年10月14日、Appleより最新のiPhoneが4機種同時発表され、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」が登場しました。

大きく標準モデルとProモデルに分かれており、それぞれの特徴を一口で表すと以下のようになります。

  • 最新メモリ搭載でサイズがiPhone SEより小さい iPhone12 mini
  • 価格や性能が、全体的にバランスのとれた iPhone12
  • 標準モデルよりメモリ・カメラ等が高性能な iPhone12 Pro
  • Proよりさらにカメラ・バッテリー性能が高い iPhone12 Pro Max


各モデルのサイズや料金等の比較についてはこちら!

iPhone12が正式発表!miniやProの大きな違いはカメラとLiDARスキャナ

続きを見る

iPhone12シリーズの周辺機器やアクセサリはこちら!

iPhone12→iPhone13 揃えたいアクセサリ・周辺機器おすすめ20選【保護フィルムや充電器等】

続きを見る


どの端末を購入するか悩ませるラインナップとなっていますが、結論から申し上げるなら、僕は「iPhone12 Pro」をおすすめします!

iPhone12の標準モデルとProモデルの大きな違いとして、「メモリ」と「カメラ」が取り上げられていますが、決して"たかが"ではありません。

本記事では、iPhone12シリーズを選ぶ上で抑えておきたい「メモリ」と「カメラ」について解説していきますので、特にProモデルの購入を予定・検討中の方はぜひ参考にしてください!


iPhone12 Pro メモリ容量


iPhone 12シリーズでは、全機種にてA14 Bionicという最新で高性能なプロセッサが搭載されています。

発表当初はそのメモリ容量が不明でしたが、米9to5Macにより、Xcode 12.1ベータ内からRAM容量をリスト化したファイルが見つかりました。

そのリスト情報で、iPhone12 miniやiPhone12のメモリ容量が4Gなのに対し、iPhone12 Pro 及び iPhone12 Pro Maxは6Gとなっており、標準モデルとProモデルで差があることがわかっています。

iPhone 11シリーズでは、「iPhone 11」 「iPhone 11 Pro」 「iPhone 11 Pro Max」 のいずれも4GBであったことから、メモリ容量6GBを搭載するのはiPhone12 Proモデルが初めてになります!

これまで一部で「iPhone12とiPhone12 Proにあまり差がない」との声も上がっていましたが、メモリ容量が増えるということでスペックに差が出ることが明らかになりました。

iPhone Proシリーズでは「LiDARスキャナ」や「Apple ProRAW」などのProモデル限定の機能が盛り沢山なのもあり、それらがメモリ容量増加の要因になったと考えられます。


メモリは、データの読み書きを高速に行うことができる部分で、スマホ上のほとんどの処理はこのメモリを利用して行います。

よく仕事する際のデスクに例えられますが、このデスクを広くすることが、PC・スマホ上で行われるあらゆる作業の効率化に繋がります。

そのためメモリ容量が大きいほど、処理スピードが向上し複数タスクを効率的に実施できるため、機種選びする上でとても重要なポイントになります!



iPhone12 Pro カメラ性能


iPhone12 Proモデルのカメラ構成は、広角レンズ・超広角レンズ・望遠レンズのトリプルレンズカメラ+LiDARスキャナとなっており、望遠レンズとLiDARスキャナの有無が、iPhon12 標準モデルとの違いになります。

LiDAR(ライダー)スキャナとは、カメラを向けた範囲の奥行きを正確に把握できるセンサーで、ARアプリがより高精度になったり、暗い場所のオートフォーカスが高速になる等のメリットをもたらします。

さらにiPhone12 Proモデル限定で、同時発表されたApple独自画像フォーマット「Apple ProRaw」が実装されます。

なんとiPhoneでRAW撮影・現像が出来るようになったんだよ!


一眼レフやミラーレスなどで撮影する際、大抵の機種ではファイル形式を「JPEG形式」or「RAW形式」で選べるようになっています。

RAWは「raw(生)」という名の通り「未加工」なデータのことで、Photoshop等の画像編集ツールを使う際により詳細な調整が可能になります!

Raw形式での撮影は、イメージセンサーで得た情報をほぼそのままファイルに記録するのですが、これはPCやスマホで直接使うことのできるファイル形式ではありません。本来はPC等で使える画像ファイルに変換する必要があり、これを「RAW現像」と言います。

これがiPhoneで出来ちゃうんだ!凄すぎる…



よく「カメラ買えば?」なんて揶揄されますが、iPhoneの手軽さあっての高性能カメラであることを忘れてはいけません。

撮影するタイミングは突然やってきます。大切な思い出を、ベストなタイミングかつポケットにしまっていたiPhoneで、超高画質に撮影できてしまう!ここが重要なのです。

こちらは、今後iPhone12 Pro・iPhone12 Pro Max向けのiOS14のアップデートで利用できるようになる予定です。



iPhone12 Pro miniやPro Maxは?


iPhone12 Pro Maxは、iPhone12 Proの機能・性能に加えて、特にカメラとバッテリーにおいてハイエンドなモデルとなっています。

iPhone12 Pro Maxのここがすごい!

・カメラは、望遠レンズの焦点距離・光学ズームインの倍率がiPhone12 Proよりさらにアップグレードされ、センサーシフト光学式手ぶれ補正にも対応

・バッテリーは、ビデオ再生:最大20時間、オーディオ再生:最大80時間となっており、iPhone12 Proの最大17時間、最大65時間に比べて大幅に持ちが良い


では、なぜ僕がiPhone12 Pro Maxではなく、iPhone12 Proをおすすめするかというと、それは単純に「サイズ」です。

これはiPhone12 miniにも言えることですが、毎日使うスマホにおいて「サイズ」は重要な要因になってきます。僕も昔のiPhone5やSEのサイズが一番好きですし、今ならiPhone SE2も候補にあがります。


なのでiPhone12シリーズでサイズをとにかく優先したい方は、迷わず「iPhone12 mini」で良いと思います。

ただ今回の「メモリ」・「カメラ」の性能は、追加機能の要因を含め、決して"たかが"な違いではないので、買う際はよく吟味してください!

僕はモバイル性も重視してiPhone12 Pro Maxではなく「iPhone12 Pro」をおすすめしますが、大きな画面が好きな方は全てにおいて高機能な「iPhone12 Pro Max」を選ぶのがベストだと思います!


まとめ


今回のiPhone12シリーズを選ぶ上で、特に考慮したいポイントは「メモリ」・「カメラ」です!

日頃から使うものなので、ぜひ後悔しない機種選びをしてくださいね!

予約開始日・発売日

iPhone12・iPhone12 Pro
予約開始日:10月16日(金) 発売日:10月23日(金)

iPhone12 mini・iPhone12 Pro Max
予約開始日:11月6日(金) 発売日:11月13日(金)

 

オンラインで購入

Apple公式オンラインショップ 

Apple

 docomo公式オンラインショップ

docomo

SoftBank公式オンラインショップ

SoftBank

au公式オンラインショップ

au



-APPLE, スマホ

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5