スマホ

【docomo新料金プラン】ahamo × ギガホ プレミア × 5G ギガホ プレミアの比較まとめ!


株式会社NTTドコモは、2020年12月3日にオンライン専用プラン「ahamo(アハモ)」を、2020年12月18日に大容量プラン「5G ギガホ プレミア」と「ギガホ プレミア」をそれぞれ発表しました!

発表された全プランの概要は以下になります。

あれ?「ギガホ プレミア」と「5G ギガホ プレミア」、使えるデータ量がずいぶん違うのに100円しか違わない…
いきなり疑問を持った人は鋭い!これはdocomoが「5Gへの利用促進」を目的にしているからなんだよ。詳しくは後述するね!


本記事では上記のような疑問や各プランの特徴について説明しつつ、それぞれどんな人におすすめかを解説していきます!

auの新料金プラン比較はこちら!

【KDDI新料金プラン】povo × au 使い放題MAX 5G/4G × UQ mobileの比較まとめ!

続きを見る


SoftBankの新料金プラン比較はこちら!

【SoftBank新料金プラン】LINEMO × Y!mobile × メリハリ無制限の比較まとめ!

続きを見る


docomo ahamo


オンライン専用「ahamo」のプラン内容は以下になります。


1ヶ月あたりの利用可能データ量が20GBで、月額料金が2980円と大変お得なプラン
となっています!国内通話は5分以内であれば無料ですし、追加料金1000円でかけ放題にすることも出来ます。

5G回線にも対応しているため、iPhone12シリーズや5G搭載のAndroid端末等で、より高速なネット環境を体験することができます!

さらに海外82の国々・地域で20GBのデータ量を追加料金なしで利用できるので、海外出張の多い方には嬉しいポイントです。

ahamo自体に割引ボーナスはありませんが、家族にギガプランなどの契約者がいる場合は、以下のように割引条件の対象者として適用されます。

  • ファミリー割引

    家族間の通話無料についてahamo契約者からの発信は対象外となりますが、ギガプランなどの契約者がahamo契約者に発信する際は無料となります。

  • みんなドコモ割

    ahamo契約者は割引対象外ですが、家族回線としてカウントされるため、同一「ファミリー割引」グループ内のギガプランなどの契約者には、家族回線数に応じた割引が適用されます。

  • ドコモ光セット割

    ahamo契約者がドコモ光ペア回線となる場合でも、同一「ファミリー割引」グループ内の「5Gギガホ」や「ギガホ」契約者については割引が適用されます。こちらもahamo契約者は割引対象外となります。


また、先行エントリーから実際に契約することでdポイントを3,000ポイント獲得することができます!

  • 実施期間
    先行エントリー期間:2020年12月3日(木曜)~提供開始日前日
    契約対象期間:提供開始日~2021年5月31日(月曜)
  • 手順
    ①先行エントリー期間中にキャンペーンサイトにて先行エントリーする。
    ②契約対象期間中にahamoに契約する。
    ③ahamo契約後、dポイント獲得手続きする。

さらに詳しく


「ahamo」は、こんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 大容量かつ高速で、料金の安いプランが良い人
  • Webサイト申込に抵抗がない人
  • 海外出張の多い人



docomo ギガホ プレミア


ギガホ プレミアのプラン内容は以下になります。


(各割引については、次章の「5G ギガホ プレミア」にて合わせて解説します!)

こちらのプランは4Gのみ対応となっていますので、5Gで無制限のデータ量を利用したいという方は、次で紹介する「5G ギガホ プレミア」プランをおすすめします! 

ギガホ プレミアは、現行の「ギガホ」を引き継ぐ4G向けの大容量プランで、2021年4月から提供予定です。

これに伴って「ギガホ」プランは2021年3月31日に新規受付を停止するから検討中の方は注意してね!


ギガホ プレミアでは、現行の「ギガホ」より料金が下がったことに加え、キャンペーン期間のみ30GB(標準)→60GBだったデータ量が標準で60GBに変更され、シンプルで分かりやすいプランとなっています。

ただ、5G対応でデータ無制限の「5G ギガホ プレミア」との価格差がわずか100円である点は気になるところですよね…!

これは、docomoが料金プランを決める上で「5Gへの利用促進」という目標を根底に持っているからなんです。

これだとみんな「5G ギガホ プレミア」を選ぶことになりそうだね。


そのため棲み分けとして、「5G ギガホ プレミア」を利用するには5G対応端末が必要となります。

あたりまえのように聞こえますが、これは4G端末を利用しつつ、プランだけ「5G ギガホ プレミア」にすることが出来ないということです。

じゃあ今持ってない人はわざわざ買わなきゃいけないんだね

あえて「5G ギガホ プレミア」をお得にすることで、5G端末の購入も促しているんだ!


すでに5G端末を持っている人には「5G ギガホ プレミア」をおすすめしますが、プランのために購入すべきかと言われれば、個人的には「No!」です。

今はまだ5G対応エリアも拡大中の段階ですし、あらゆる場所で5Gがネット環境を劇的に変えるのはもう少し先になるかと思います。

どうしてもdocomoの無制限プランが良いという理由でもなければ、5Gがもう少し普及してからプラン変更&端末購入すれば十分間に合いますよ!


「ギガホ プレミア」は、こんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 店舗受付を利用したい人
  • 1ヶ月のデータ利用量が20GBじゃ足りない人
  • 5G端末を購入する予定がない人



docomo 5G ギガホ プレミア


5G ギガホ プレミアのプラン内容は以下になります。


現行の「5G ギガホ」プランから価格の値下げや標準の利用可能データ量が100GB→無制限になったプランで、2021年4月から提供予定です。

これに伴って「ギガホ」プランは2021年3月31日に新規受付を停止するから検討中の方は注意してね!


1ヶ月あたりに使用できるデータ量はもちろん、テザリングも無制限となっています!

もちろん4Gエリアでもデータ量無制限で利用できるので、5G圏外であっても5G端末を持っているのであればこちらのプランがおすすめです! 

また、「ギガホ プレミア」「5G ギガホ プレミア」どちらも割引①〜④が用意されていて、条件によってはahamoと変わらない月額料金まで引き下げることも可能です!

割引計算

全て適用すると、170円(割引①)+1,000円(割引②)+1,000円(割引③)+1,500円(割引④)=3,670円の割引!なので、ギガホ プレミアなら2,880円、5G ギガホ プレミアなら2,980円になります!

割引①の「dカードお支払割」:
利用月の末日時点で支払い方法を、dカード/dカード GOLD(家族カード含む)に設定していると170円の割引が適用されます。

割引②の「みんなドコモ割」:
同一「ファミリー割引」グループ内の対象音声回線数に応じて、各回線ごとに最大1,000円(3回線以上)割引になります。

割引③の「ドコモ光セット割」:
同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」をご契約している回線がある場合、スマホの月額料金から永年最大1,000円割引になります。

割引④の「データ利用量が3GB以内」:
データ利用量が3GB以内だった月は、1,500円お得に利用できます

割引③に関しては別途検討が必要ですが、その他については難しい条件ではないですよね!特に割引④があることで、あまり使わなかった月の料金を抑えることが可能なので、柔軟な使い方をしたい人におすすめです。

「5G ギガホ プレミア」は、こんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 店舗受付を利用したい人
  • データ量を無制限で使いたい人
  • 5G対応端末を持っているまたは購入予定の人



まとめ


docomoはサブブランドでの展開がない分、ahamoとギガホ系の2極であることからプランは選びやすいかと思います!

個人的には20GBで5Gのキャリア回線が使える「ahamo」がおすすめです。

docomoには「5Gギガライト」のような段階的な従量制のプランもあり、今回の新プラン発表ではテコ入れされていないため、今後どのように入り込んでるかも注目したいところです!

docomo公式オンラインショップ

docomoでチェック!



-スマホ

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5