APPLE ガジェット

iPhone12→iPhone13 揃えたいアクセサリ・周辺機器おすすめ20選【保護フィルムや充電器等】


2021年9月15日にiPhone13シリーズが発表され、購入を迷っている方も多いと思いますが、同じく悩みどころが多いものと言えば、スマホケースや画面保護フィルムといった「アクセサリ」、USB充電器やケーブル等の「周辺機器」です!

iPhone13シリーズはiPhone12シリーズとあまり見た目は変わっていませんが、実はサイズが微妙に違っているため、特にアクセサリについては必ずiPhone13専用のものを購入するようにしましょう。

最新のiPhone13をiPhone12と徹底比較!ビデオ撮影にシネマティックモードが搭載

続きを見る


本記事では、そんな「アクセサリ」「周辺機器」の中から、スマホの必需品とも言える5種類のカテゴリで、それぞれおすすめの商品をご紹介していきます。

すでにiPhone12を購入済みの方はもちろん、iPhone13の購入を迷っている方も検討する上でご参考になると思うので、ぜひチェックしてみてください!

iPhone13は現時点(2021年9月17日時点)だと情報が不確定のため、順次更新していきます。


Apple Watchのケースやバンドはこちらから!

【Apple Watch】ケース・ベルトのおすすめ16選!対応機種や素材まで!

続きを見る


iPhone12 画面保護フィルム


iPhone12シリーズ以降の画面には、セラミックシールドという素材が使われており、iPhone11シリーズに比べて落下耐久性が約4倍となっています。

ただ昨今のiPhoneはとても高級であり、なおかつ画面修理費もバカになりません。

iPhone12シリーズ 修理費用

画面修理(保証対象外)
iPhone12:3,4000円、iPhone12 Pro:3,4000円

その他の修理(保証対象外)
iPhone12:4,7800円、iPhone12 Pro:59,800円


そのため、画面保護フィルムは今もなお必需品だと言えます!
保護フィルムは大きくガラス製とプラスチック製に分かれますが、それぞれ以下のような特徴があります。

◆ガラス製

特徴

・丈夫で傷つきにくい

・衝撃に強い

・プラスチック製と比べて料金が高い

・厚いものだと画面感度が鈍る可能性あり

◆プラスチック製

特徴

・料金が安い

・指ざわりの良い商品が多い

・傷がつきやすい

・衝撃に弱い


僕は「さらさら」した指ざわりが好きなので、基本的にプラスチック製を使っています。ガラスフィルムで「さらさら」したタイプもありますが、プラスチック製ほどではありません。

どちらも一長一短あり、人によって好みがあると思うので、それぞれのおすすめをまとめていきます!


まずはガラス製からです。

NIMASO ガラスフィルム 【ガイド枠付き】



ガラス製の候補で外せないのが、NIMASOのガラスフィルム。

保護フィルムを選ぶ上で、一番気をつけなければならないのがスマホケースとの干渉です。

NIMASOのガラスフィルムは上下左右に1mm幅の隙間を確保し、干渉を軽減しています。さらにガイド枠が付属されており、ほぼズレなく簡単に貼り付けることができます!


フィルム自体の透過率も高く、細かい傷もつきにくいため、綺麗な画面を維持することが可能です。あとなんと言っても料金が安い!高品質にもかかわらず1000円前後で買えてしまうので、まさにコスパ最強の商品です!


こちらの記事でレビューも掲載しています!

【Nimaso iPad mini ガラスフィルム レビュー】2019 /mini5 /mini4に対応【ガイド枠付き】

続きを見る


ラスタバナナ ゴリラガラス



ラスタバナナの「ゴリラガラス」も知る人ぞ知る人気商品です!

家電量販店なんかでガラスフィルムを探したことがある人なら、一度は目にしたことがあると思います。

本製品に採用されている「ゴリラガラス」とは、米国コーニング社が開発した特殊ガラスの名称であり、高い透明度と表面最高硬度10Hを誇ります。

このガラスが搭載されていることで、0.33mmという厚さにもかかわらず高い耐久性を実現しています。

さらに「ラウンドエッジ加工」という断面処理によって、操作時に指のひっかかりが少ない工夫も施されています。


少し値は張りますが、高品質なガラスフィルムでiPhone12をしっかり保護し、美しい表面を長く保つことができるのでおすすめです!

ただしディスプレイのフチまで覆うデザインのため、ケースと干渉する可能性があります。お使いのケースと干渉しないか事前に必ず確認してください。



続いてプラスチック製です。

ラスタバナナ フィルム



こちらもラスタバナナが発売している商品になります。

ラスタバナナは日本製で品質も良くバリエーションが豊富なので、ぜひ選択肢には入れたいところ!

画像は「スーパーさらさらシート」で、「さらさら」な触り心地が売りとなっていますが、他にも「ブルーライトカット」「非グレア(反射防止)」「高光沢」等、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。

価格帯も700円〜900円となっており、とてもリーズナブルです。ただし、こちらも画面全体を覆うフィルムとなっているので、購入の際はお使いのケースと干渉しないかご確認ください!


エレコム フィルム



こちらは「究極の指すべり」を実現したエレコムの保護フィルムになります。

ブルーライトカット・反射防止が搭載されているため画面は見やすく、スーパースムースコートにより快適な"すべり心地"も実現しています。

こちらは全面フィルムの記述はありませんが、実際に僕が購入して貼ってみたところ、ケースとギリギリ干渉しないことを確認しています。

指紋もつきにくいので画面も綺麗に見えますし、さらさらとしているためゲームでの操作性も良いです!



iPhone12 スマホケース


今回はApple公式からもMagSafe対応のアクセサリが発表されたので、選択肢がさらに増えましたね。

ケースはかなり好みが分かれるかと思いますが、いくつか候補をご紹介しますので、よかったら参考にしてください!

spigen(シュピゲン) スマホケース



spigenスマホケースのほとんど全てが米軍MIL規格に準拠しており、耐衝撃・すり傷防止等を兼ね揃えています。

TPU素材(プラスチックの一種で、弾力性があり、柔らかいのが特徴)で作られているため、丈夫かつ柔軟で程良いグリップ感があります。

またケース内側に施された極小ドットは、端末背面とケースが触れる際に発生するにじみ(背面とケースがくっつくことで水がにじんたように見える)を抑止するため、見た目がとても良くなります。

案外背面は人にみられる部分なので、綺麗な状態であってほしいですよね。

そしてなにより作りがシンプルで、Appleのデザインを損なうことなく引き立てるため、耐久性とデザイン性に優れた定番商品となっています。

デザインの種類も豊富なので、自身の好みにあったものを探してみてください!


iFace(アイフェイス) スマホケース



iFaceはくびれのある形状で持ちやすく、見た目も可愛いため若年層を中心に人気のある商品です。

iPhone12はエッジの効いたフラットなデザインとなり喜んだ人も多いかと思いますが、丸みのある形の方が好きだった方や、サイズの大きいiPhoneを購入予定の方にはグリップ感のあるiFaceがおすすめです!

可愛いらしいデザインでありながら米軍MIL規格に準拠しており、六角形のハニカム構造とエアポケットにより落下時の衝撃を吸収することで、機器へのダメージを軽減します。

背面は表面硬度9Hのガラス素材となっているため傷つきにくく、経年劣化による黄ばみも防止するので、長く愛用することができます。

色やデザインも豊富にあるので、選択肢が多いところもポイント高めです!


HEXAGON(ヘキサゴン) スマホケース



こちら話題の「握りやすさをとことん追求した」スマホケースになります!

底面と側面に角度がついているため手にしっかりフィットし、グリップ感とボタンの押しやすさを両立しています。

さらに端末を持つ際に指が引っ掛かりやすい特徴的な6角形(HEXAGON)フォルムにより、表面・裏面どちらからも持ち上げやすくなっています。

ドイツの大手化学メーカー・バイエル社のスーパークリア素材を使用したTPUソフトケースで、外側には傷防止のフィルム、内側には端末の貼り付き防止加工が施されています。

登場してすぐ追加発注があった商品で、その人気が伺えます。


Apple スマホケース



やはり忘れてはならないのが、Apple純正のスマホケースです!

今回追加された機能「MagSafe」に対応したケースが多く、レザーやシリコン等の素材を含め、カラーバリエーションも豊富です!

ただ、公式サイトでも呼びかけていましたが、MagSafe充電器を使用した場合、背面部分に円状の跡がつく可能性があるとのことなので注意が必要です!

MagSafe充電器を使う際は、ちょっと面倒ですがケースを取り外して充電するほうが良さそうですね…


iPhone12・iPhone13 USB充電器


iPhone12シリーズ以降の充電には、最低でも出力20W以上の充電器を使用することが推奨されています。

今回はアダプタが同梱物に含まれていないため、充電器(電源アダプタ)を別途購入する必要があります。

Anker PowerPort III Nano 20W

こちらの充電器はAppleより推奨されている最小出力20Wをクリアしながら、Apple純正のアダプタより料金が安く、コンパクトな形状となっています。

小さく軽いことから持ち運びも楽ですし、常備しやすいものだと外出先で大いに活躍しますので、個人的には最もおすすめな商品です!

他にUSB充電器を買う予定がある方でも、併用して1つ持っておくと便利だと思います!

ちなみにAmazonの売れ筋ランキング【携帯電話・スマートフォン用AC式充電器】で1位を獲得しています(2020年10月時点)。


別記事でもご紹介しています!

【Anker PowerPort III Nano 20W レビュー】iPhone12シリーズに最適な超小型USB充電器【PD対応】

続きを見る


Anker PowerPort III 65W


こちらなんと最大65Wでの出力に対応しており、Macbook Pro 13インチを約2時間で満充電にすることが可能です。

iPhone単体での使用ならここまでの出力は必要ありませんが、スマホだけでなくPC等でも使いたいという方はこちらがおすすめです!

お値段も2990円と、Apple純正の電源アダプタ(61W)の7800円と比べてかなりお得です!


Anker PowerPort Atom PD 2


最大60Wの出力に加え、USB Type-Cが2ポートあるため、Macbook等のPC機器へのフルスピード充電や2台のiPhoneを同時に急速充電等、様々な機器・用途で利用できます。

別記事でも紹介しています!

【Anker PowerPort Atom PD 2 レビュー】最大60W出力で2ポートのおすすめ充電器!

続きを見る


1つの電源ポートで2つの端末を充電でき、なおかつ各ポート最大30Wの出力となっているため、2台同時に急速充電することができます!

通常のUSB(USB Type-A)も使用したい場合は、どちらも使えるAnker PowerPort Atom III (Two Ports)がおすすめです!


MagSafe充電器


ここでも候補として外せないのが、今回新登場のMagSafe充電器!

ワイヤレス充電でありながら15Wの出力と、従来のQiワイヤレス充電と比べて2倍の出力数でありながら、磁力により正確な位置に接着されることで効率的な給電を可能にしています。


MagSafe充電器についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、良かったらぜひ参考にしてください!

MagSafe充電器のレビューとQi(チー)ワイヤレスとの違い

続きを見る



iPhone12・iPhone13 モバイルバッテリー


どんなにスマホ本体のバッテリ駆動時間が向上しても、外出時に欠かせないのがモバイルバッテリーです。

各ブランドから多種多様なモデルが販売されているので、1つに決めきれない場合はシーンによって使い分けるのもおすすめです!

Anker PowerCore 10000 PD Redux

とてもバランスの良い定番商品です。特にUSB Type-Cポート対応のモバイルバッテリーを探している人はまず本商品を検討してみてください!

コンパクトなサイズながら10000mAhの大容量で、USB Type-CとUSB Type-Aの2ポートから充電が可能です。

最大出力18WでPD対応のUSB Type-Cポートなら、端末を最適な速度でフルスピード充電でき、バッテリー本体も約3.5時間で満充電にすることができます!

AUKEYやRAVPowerからも同スペックのモデルが販売されていますが、好きなブランド・価格で選んで問題ないです(仕様はほぼ変わらない)。


Anker PowerCore Fusion 10000

個人的にイチオシしたいのがAnkerのFusionシリーズです!

Fusionシリーズの有能なポイントは、外で使った状態のままコンセントに差せば、すぐにUSB充電器として利用できるところです。

モバイルバッテリーでありがちなミスがバッテリー本体への充電を忘れてしまい、いざ使うときに残量が少ないor無いということ。

本製品ならそういったミスが大幅に軽減されます。

一般的な10000mAhと比べると100g〜くらい重いですが、とても汎用性が高いためおすすめです!


Anker PowerCore III 10000 Wireless

USB Type-AとUSB Type-Cに加え、Qiワイヤレス充電を搭載した3種類の充電が可能なモバイルバッテリーです。

パススルー充電にも対応しているため、ワイヤレス充電を利用しながらバッテリー本体の充電も可能です。

USB Type-AとUSB Type-Cは最大出力18Wとなっており、iPhone 12ならわずか30分で最大50%まで充電できます!

ワイヤレス充電は机の上に置いてもコードが邪魔にならないので、すっきりした見た目もポイント高めです!



iPhone12・iPhone13 Lightning & USB-Cケーブル


Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル


定番中の定番ですね!

12,000回以上の厳しい折り曲げテストにクリアしており、他のAnker製品と同じくApple MFi認証を取得しています。

充電だけでなく、データ転送や同期もこれ一本で問題ありません。さらにPower Delivery対応(給電パワーが従来の20倍)のUSB-C急速充電器と一緒に使用することで、フルスピード充電が可能になります!

案外知られていませんが、ケーブルは充電速度に大いに関係のある機器なので、充電器だけをどんなにレベルアップしても意味がありません。

ケーブルと充電器どちらも揃って初めて、効率的な給電を行うことができるので、古いものを使っている方は買い替えをおすすめします!


この製品以外にも、Anker製品の中で最も優れた超高耐久を実現したAnker PowerLine+ III USB-C & ライトニング ケーブル等、Ankerには高品質なケーブルが揃っているので、ぜひ一度チェックしてみてください!


WOQUYEE USB-C & ライトニング ケーブル


様々な機器を充電したいという方には、これでもかとコネクタを付けたこちらのケーブルがおすすめです!

USB Type-C to USB Type-Cを軸に、USB Type-AとmicroUSB・ライトニングに変換できるので、フレキシブルな使い方が可能です。

データ転送や同期はもちろん、Power Deliveryにも対応しています。



アクセサリや周辺機器等を選ぶ上での注意点


アクセサリや周辺機器を選ぶ上での注意点として、大きく3つあります。

ポイント

  1. 対象機種に対応した商品を選ぶこと
  2. アクセサリ同士の組み合わせを意識すること
  3. 注意書きを良く読むこと


注意点その1 対象機種に対応した商品を選ぶこと


新機種が出て間もない時にとりわけ良くあることですが、1つ前の機種に対応した商品をそのまま売っているケースがあります。

例えばiPhone12やiPhone12 Proは、旧世代のiPhone11やiPhone11 Proと見た目のサイズはほとんど変わりませんが、サイズもカメラも採寸が微妙に異なります。

確かに使えなくもないですが、合ってないものを無理やり使うと必ず不都合が発生します。

例えば、今回は紹介しないカメラフィルムに関してだと、iPhone12 ProではLiDARスキャナが搭載されているため、従来のカメラフィルムでは確実に穴の大きさが合っていません(塞いでしまいます)。

しかし家電量販店やオンラインショップでは、iPhone11 Proのものが羅列されているため、間違えて買ってしまう可能性が大いにありえます。

このような事態を防ぐため、対象機種に対応しているものを必ず購入するようにしてください!

注意点その2 アクセサリ同士の組み合わせを意識すること


アクセサリ同士が干渉しないかをチェックする必要があります。

よくあるのが、画面保護フィルムとケースの干渉です。

ケースは、スマホ前面のフチ部分まで覆うように設計されていることが多いため、画面保護フィルムがそこにあるとぶつかり合って、どちらか一方を諦めるさるおえなくなります。

これは商品を買ってみるまでわからない部分でもあるんですが、画面保護フィルムに余白があることを確認したり、商品レビューを見ることで防止しましょう!多少面倒ですが、最終的には問い合わせして聞くのが一番です!

注意点その3 注意書きを良く読むこと


最後は、2つ目と被る部分でもあるんですが、上記のようなこと等を含めて、大抵は商品詳細にちゃんと注意書きされています。

詳細に書いておらず売り手の不手際であれば返品してもらえるかもしれませんが、基本的に封を切ってしまえば返品不可となるので、事前によく確認しておくことが大切です!

あえて明言を控えているケースもありますので、くれぐれもチェックを怠らず、疑問があれば問い合わせしましょう!


まとめ


アクセサリや周辺機器の購入は、新しいiPhoneを買った時の楽しみの一つで見ているだけでワクワクしますよね!

性能・機能はもちろん大事ですが、一番後悔しないのは自分の使い方に合ったものを選ぶことだと思います。

これだという商品を見つけて、ぜひ新たなiPhoneライフを満喫してください!


-APPLE, ガジェット

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5