スマホ

【SoftBank新料金プラン】LINEMO × Y!mobile × メリハリ無制限の比較まとめ!


ソフトバンク株式会社は、2020年12月22日に『新料金サービスに関する発表会』を開催し、「SoftBank on LINE」「Y!mobile」「SoftBank」の3ブランドにおける携帯新料金プランを発表しました!

発表された全プランは以下になります。


それぞれのブランドを、SoftBank on LINEはオンライン専用ブランド、Y!モバイルは小中容量ブランド、SoftBankは大容量ブランドと明確に分けたことで、ユーザーが自分の使い方に合ったプランを選択しやすくなっています。


ただ、いくら明確に分割されてもプラン内容をしっかり把握しなければ、自分にとってどれが良いのかなんて分かりませんよね…

話題の「LINEMO」が良さそうだけど、各プラン内容が分からないと比べようがないよね…
お得と言っても、それが自分にとっておすすめのプランとは限らないしね〜


本記事では上記のような疑問を解決するために、各プラン内容を整理し、それぞれどんな人におすすめかを解説していきます!

docomoの新料金プラン比較はこちら!

【docomo新料金プラン】ahamo × ギガホ プレミア × 5G ギガホ プレミアの比較まとめ!

続きを見る


auの新料金プラン比較はこちら!

【KDDI新料金プラン】povo × au 使い放題MAX 5G/4G × UQ mobileの比較まとめ!

続きを見る


SoftBank on LINE LINEMO


SoftBank on LINEが提供するプラン内容は以下になります。


1ヶ月あたりの利用可能データ量が20GBで、月額料金が2480円と大変お得なプラン
となっています!国内通話なら追加料金500円で5分無料、1500円でかけ放題にすることも出来ます。

SoftBankと同一品質・ネットワーク(キャリア回線)が使えて、5G回線にも対応しているため、iPhone12シリーズや5G搭載のAndroid端末等で、より高速なネット環境を体験することができます!

 

docomoの「ahamo」やauの「povo」とプラン内容はほぼ変わりませんが、「申込方法」と「1ヶ月あたりの利用可能データ量」について、LINE利用者にとって嬉しいポイントがあります!

こちらの20GBプランですが、オンライン専用と謳っているように店舗での申込は受け付けていません。SoftBankが今後用意するWebサイトからの申込が必要になります。

ahamoやpovoも専用サイトを開設予定で、申込はサイトからのみ可能となっているよ。


しかし、LINEMOではWebサイト申込に加えて、LINE申込にも対応します!LINEを普段使いしている人はもちろん、複数の申込方法が用意されているのは良い点ですよね!

さらに、LINE使用時のデータ量が無制限であることも大きなメリットです!LINEトークや通話はもちろん、容量の重い画像等のアップデートでデータ利用量を気にする必要がなくなります。

eSIMにも対応予定ということで、eSIM対応端末であれば物理SIMの郵送を待つことなく、契約後すぐネット回線を利用することができます!

eSIMっていうのは、簡単に言うと「スマホに内蔵された本体一体型のSIM」のことだよ!
チップみたいなもの(物理SIM)をスマホに差し込む必要がないからすぐ使えるんだ!


また、LINEMOは先行エントリーしておくとPayPayボーナスが3000円相当プレゼントされます!

手順としては、提供開始前日までに専用サイトから電話番号とメールアドレスを登録し、提供開始日(2021年3月17日)〜2021年5月31日までにSoftBank on LINEに契約するだけです。


LINEMOは、こんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 大容量かつ高速で、料金の安いプランが良い人
  • Webサイト(またはLINE)申込に抵抗がない人
  • 日常的にLINEを使う人



Y!mobile シンプルプラン


Y!mobileが提供する「シンプルプラン」の内容は以下になります。


2020年12月下旬以降に提供を開始する予定だった「シンプル20」は内容を改定して「シンプルL」として提供されることになりました。

また、シンプルプランの提供に合わせて、提供中の「スマホベーシックプランS/M/R」「新規割」の申し込み受付が終了するので、近々Y!mobileへの移行を検討している方は少し待ったほうが良いかもしれません!(公式サイト

 

シンプルプランですが、正直どれも「LINEMO」と比べてしまうと、利用可能データ量に対する料金や、無料通話、回線品質等の部分で見劣りしてしまいます

店舗での受付が可能なのはメリットですが、そもそも格安SIMは料金の安さが売りだったので、個人的には役割が逆転しているような印象を受けます。

店舗受付より、データ量や料金の方が大事!という人には、大きなメリットとは言いづらいね〜!


ただ、データ量はそこまで必要ないという方であれば、シンプルSはおすすなプランになります!

1ヶ月の利用可能データ量は3GBですが、割引が適用されれば月額1480円という安さで5G回線が利用可能ですし、ネットより電話をよく使うという人は浮いたお金を通話オプションに回すこともできます。

それに、やっぱり店舗受付の方が安心するという方にとっては、プラン・機種の相談や実機の確認が出来て、そのまま滞りなく契約が済ませられるという利点は、プランを選ぶ上で重要なポイントかと思います。

そういった意味でシンプルSは、料金も安く窓口も充実しているため、コスト削減と利便性を良いところ取りできるプランとなっています。

ただし、超過後の通信速度が300Kbpsであることには注意しておいてください!

youtubeの画質240p(低)で必要な通信速度が270Kbpsくらいだよ!


Y!mobileの「シンプルプラン」は、こんな人におすすめ!(特にシンプルS)

おすすめな人

  • とにかく月額料金の安いプランが良い人
  • 1ヶ月に3GB以上のデータ量を使わない人
  • 店舗受付に対応していてほしい人


UQモバイルとの比較はこちら

【2021年 新プラン】UQモバイルとY!モバイルを比較!乗り換えるならどっちがおすすめ?!

続きを見る



SoftBank メリハリ無制限プラン


SoftBankが提供する「メリハリ無制限」のプラン内容は以下になります。


無制限でデータを使いたい放題できるプランになります!ただし、時間帯によって速度制御があり、テザリング・データシェアは合計30GBまでとなっています。

データ無制限プランのため、「LINEMO」や「Y!mobile」に比べて高めの料金設定ではありますが、WiFi環境外でもデータ量を気にせず使いたいという人にはおすすめなプランです!

それに、3つの割引を利用することで、月によっては料金を最安2,980円まで引き下げることも可能です!

割引計算

6,580円1,000円(割引①)-1,100円(割引②)-1,500円(割引③)=2,980円

割引①の「おうち割 光セット」:
別途SoftBank 光SoftBank Airへの加入が条件になります。SoftBank 光の場合は指定オプション(500円~/月)の契約も合わせて必要です。

割引②の「新みんな家族割り」:
家族割引に加入している人数に応じて適用され、最大3名で1,100円の割引が可能です!

割引③の「データ利用量が3GB以内」:
データ利用量が3GB以内だった月は、自動で1,500円割引されます!

割引①に関しては別途検討が必要ですが、その他については難しい条件ではないですよね!特に割引③があることで、あまり使わなかった月の料金を抑えることが可能なので、柔軟な使い方をしたい人におすすめです。


SoftBankの「メリハリ無制限」は、こんな人におすすめ!

おすすめな人

  • 月間の利用可能データ量を気にせず使いたい人
  • 家族でSoftBankを利用しているor利用予定の人
  • 使う時と使わない時の差が激しい人



まとめ


各プランの役割を明確にしたことで、オンライン専用プラン「LINEMO」との差別化を狙ってきましたね!

個人的には20GBもあれば、余程のことがなければデータ超過はしないと思うので、5Gのキャリア回線が使える「LINEMO」がおすすめです。

Y!mobileのメリットがもう少し欲しいところですが、この辺りを他の格安SIMがどう攻めるかも見どころですね!

SoftBank公式オンラインショップ

SoftBankでチェック!



-スマホ

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5