APPLE スマホ

【2020新型】iPad Airは"買い"か"待ち"か チェックすべき5項目まとめ


9月16日にAppleより新型iPad Air(第4世代)が発表されました!

iPad Proのようにオールスクリーンデザインへと刷新され、カラーバリエーションが5色(シルバー、スペースグレー、ローズゴールド、グリーン、スカイブルー)と選択の幅が広がっています。

ホームボタンがなくなりTouch IDと電源ボタンが一体化したことで、スリープ解除と指紋認証が同時に行うことができ、ディスプレイサイズも10.5型から10.9型と大きくなっています。

またプロセッサに関しても、Appleの最新プロセッサ「A14 Bionic」が搭載されており、パフォーマンスも大きく向上しています。ちなみに5Gには対応していません。


まさにiPad Proに迫るアップグレードだったわけですが、価格についてもiPad Pro(11インチ)が「84800円(税別)〜」に対し、iPad Airは「62800円(税別)〜」とコストを抑えることにも成功しています!

そんな新型iPad Air(第4世代)ですが、やはり気になるのは"買い"なのか"待ち"なのかというところ。

今回はそんなiPadAirの購入を迷っている人に向けて、チェックすべき5項目をまとめました。

  • 最新プロセッサ「A14 Bionic」
  • 画面・デザイン
  • USB Type-C
  • スピーカー
  • Apple Pencil2とMagic Keyboard


それぞれどのようなアップグレードが行われたか順番に解説していきますので、ぜひ参考にしてください!

iPhone12シリーズについてはこちら!

iPhone12が正式発表!miniやProの大きな違いはカメラとLiDARスキャナ

続きを見る



最新プロセッサ「A14 Bionic」


最新のプロセッサは6コアのCPUと4コアのGPUを搭載した「A14 Bionic」チップが採用され、パフォーマンスが飛躍的に向上しています。

一世代前のiPad Air(第3世代)に採用されている「A12 Bionicチップ」と比べて、CPUが40%、GPUは30%高速化され、ほとんどのノートパソコン(WindowsやChromebook等)より高速になっています。

しかしタブレットがノートパソコンを超えるとはすごい時代ですね…!

ちなみに次世代のNeural Engineによって機械学習のパフォーマンスが70%、計算処理能力も10倍向上しています。バッテリーは最大10時間持続します。



画面・デザイン


ディスプレイはLiquid Retina Displayで、高色域のP3ワイドカラー、True Toneをサポートしています。

iPad Proと同じくオールスクリーンデザインを採用することで画角が10.5インチ→10.9に広がったことや、トップボタンにTouch IDを内臓することで指紋認証が従来のように行えるという点は注目したいところです。

iPad Proとは違いProMotionディスプレイやLiDARセンサーが非搭載という部分では劣りますが、日常使いでこのあたりをオーバースペックだと感じる方も多いはず。

iPad Proのデザインや使い勝手の良さを引継ぎつつも、従来のiPad Airらしさを残すことで、より広いユーザーが好むモデルへと昇華されています!


USB Type-C


USB-TypeCがとうとう搭載されました!20W充電と5Gbpsデータ転送をサポートし、最大4Kの外部ディスプレイにも対応します。

とうとうiPad Pro以外でもLigtningケーブルからの脱却を果たしましたね。これでより多くのデバイスや周辺機器への接続が可能になります。


スピーカ・カメラ


2基のスピーカーが搭載(iPad Proは4基)されたことで、iPad Airでも高品質なステレオサウンドを味わうことができる。

カメラは従来のFaceTime HDカメラとなっているため、iPadで写真をよく撮る人であればiPad Proと悩むところかなと。

僕はiPhoneで写真を撮るのが主流なので、まったく問題なし。


Apple Pencil2とMagic Keyboard


Apple Pencil2とMagic Keyboardに対応しました!

今まではiPad Pro以外では、Apple Pencilをお尻の部分に突っ込んだ状態で充電しなければなかったので、若干スマートさに欠けていたんですよね。でもそれだけのためにわざわざPro買うのも…と思っていたので、これはとても大きいポイントです!

僕はブログ執筆や動画視聴がメインなんですが、使おうとしたタイミングで充電がなかったり置くとコロコロ転がっていくのが案外ストレスでした。外出先なんかだと余計苛立ちますからね。

それとトラックパッド付きのキーボード「Magic Keyboard」にも対応したことで、今までProでしか使えなかった拡張機器が使用できるようになったのも嬉しい!これらを理由にProにしなかった人にも、今後拡張機器の需要が増えると思います。



まとめ


僕が購入をおすすめするのはこんな人!

  • iPad ProのようなオールスクリーンデザインのiPadがほしい人
  • 動画視聴や読書がメインで、高機能性よりコストを重視したい人
  • Apple Pencil2やMagic Keyboardを使いたい人
  • iPadを初めて購入する人


iPad ProのデザインでApple pencil2が使えて、なおかつ高機能でなくていいから価格を抑えたかった!という人にとっては、まさに"買い"の商品だと思います!

こうなるとiPad Proがさらに性能UPするんじゃないかと期待する方もいると思いますが、どこまで"高性能"であることが自身にとって必要かも大事なポイントになります。

性能はもちろん重要ですが、ぜひ自分の使い方に合った製品を選んでくださいね!




-APPLE, スマホ

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5