ガジェット 家電

【AUKEY Omnia Mini 20W 急速充電器 レビュー】Anker PowerPort III Nano 20Wと比較して分かったおすすめは?!


今回はiPhone12シリーズが推奨する最適な20W以上のUSB充電器のうち、見た目も機能もそっくりな「AUKEY Omnia Mini 20W」と「Anker PowerPort III Nano 20W」について比較レビューしていきます!

どちらを選んだ方がいいか、結論を先に言ってしまうと「セール以外はデザイン重視で選ぶのが吉」になります!

USB充電器なのにデザイン?
ちゃんと理由があるよ!


本記事では、その理由について、それぞれの商品情報を比較しつつ解説していますので、iPhone12シリーズを購入予定の方やモバイル性のあるUSB充電器をお探しの方は、ぜひチェックしてください!

Anker PowerPort III Nano 20Wの外観や詳細については、別記事でもご紹介しています

【Anker PowerPort III Nano 20W レビュー】iPhone12シリーズに最適な超小型USB充電器【PD対応】

続きを見る


AUKEY Omnia Mini 20W 急速充電器 外観


まずは外観から!

Ankerとはまた違う雑貨屋にありそうな箱で良いですねー!

しっかり衝撃対策されてます、本体はさらにビニール梱包。

本体以外に取扱説明書、保証カードが入っています

隣に干渉しづらいコンパクトなサイズ感

Ankerと比べるとAUKEYの方が若干大きいですが、誤差の範囲ですね

ほぼ変わりなし!



AUKEY Omnia Mini 20W & Anker PowerPort III Nano 20W 比較


それぞれの商品情報を比較してまとめています。

 

AUKEY Omnia Mini 20W

Anker PowerPort III Nano 20W

メーカー

AUKEY

Anker

販売価格(税込)

1,980円(Amazon購入時)

1,780円(Amazon購入時)

カラー

ホワイト,ブラック

ホワイト

サイズ

約 28.8×28.8×30.5mm(プラグ部含まない)

約 27×27×45mm (プラグ部含む)

重量

約 33 g

約 31 g

出力

最大20W

最大20W

ポート

USB Type-C

USB Type-C

USB PD

Quick Charge

保証期間

24ヶ月

18ヶ月(Anker会員は+6ヶ月延長保証)


商品情報を見てもサイズや重量が誤差レベルであることがわかりますね!その他もカラーバリエーションを抜いたら、機能・性能はほとんど同じです。

保証期間について、Ankerは会員登録することで24ヶ月になるわけですが、最近は新製品がどんどん発売されているのでわざわざ登録してまで延長しなくてもいいかなと思います。



AUKEY Omnia Mini 20W & Anker PowerPort III Nano 20W 気になるポイント


最大出力の表記


最大出力はどちらも20Wで同じなんですが、よく見ると若干違いがあります。

出力

  • AUKEY
    5V 3A / 9V 2.22A (20W Power Delivery 3.0)
    5V 3A / 9V 2A / 12V 1.5A (18W Quick Charge 2.0)
  • Anker
    5V 3A / 9V 2.22A


9V × 2.22A = 19.98Wなので、約20Wと言ったところですね。ちなみにApple純正の20W USB-C電源アダプタも、5V 3A or 9V 2.22Aという表記で同性能です。("or"か"/"の違い)

また、どちらもQuick Chargeに対応していますが、AUKEYは「Quick Charge利用時は18W」と出力値が変わると表記されています。Ankerは記載なしです。

各出力パターンまで見て購入する人はなかなかいないと思いますが、表記が細かいと製品の信用度は高いですね!


価格差


AUKEYは割引されて1,980円(Amazon参考価格:2,580円)なのに対して、Ankerは標準価格で1,780円となっています!

割引後の値段はほとんど変わりませんが、割引前だと800円差なので、メーカーやデザインにこだわりがなければ安い方を選んだほうが良いと思います。

機能や性能はほぼ同じだから、素直にセール等で安くなっている方を選んでいいと思うよ!


デザイン


基本的な形状もほぼ同じ両者ですが、質感やデザインに若干違いがあります。

AUKEYは全体的にマッドな仕上がりで、すべすべした手触りです。ロゴはホワイト・ブラックどちらも刻印かつ小さいためほとんど目立たず、ポート内部の色がオレンジです。


Ankerは、ロゴが銀字で大きいためメーカーがすぐわかります。カラーはホワイトのみで、AUKEY同様マッドな仕上がりですが、ポート側のみ光沢のあるツルツルとした素材になっています。ポート内部の色はAnkerお馴染みのです。



レビューまとめ


両者を比較しましたが、機能・性能にほとんど差がないという結果になりました。

そのため、おすすめはどちらかというと、冒頭でもお伝えしたように「セール以外はデザイン重視で選ぶのが吉」になります。

もちろん標準価格で比べてしまうと、1000円近くの差になるため、AUKEYマニアでもない限り「Anker PowerPort III Nano 20W」を選んでおけば間違いないかと思います。

ちなみに僕はAnkerを使っています。ただデザインはAUKEYの方が好きです(購入時AUKEYは割引していなかった)。

1つ注意点として、Amazonでは基本的にAnkerの方が安くなっており人気なため、品切れや入荷待ちで発送日を遅く設定していることが度々あります。

ですので、どちらを買うか迷っている方は、まず「Anker PowerPort III Nano 20W」の在庫確認からしておくことをおすすめします!



-ガジェット, 家電

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5