APPLE スマホ

【Apple iPad mini Smart Cover レビュー】メリット・デメリット+別の方法


iPadを買った時、購入を検討するものとして保護フィルムやケース等があると思いますが、今回はApple純正のSmartCoverについてレビューしていきます。

SmartCoverとは、AppleがiPad向けのアクセサリとして販売している画面の保護カバーのことです。

様々な類似品がサードパーティから出品されていますが、僕はApple商品は純正のものをなるべく使用するようにしています。案外こういう人って多いんじゃないでしょうか。


ただカバーくらいだったら…と悩む方もいると思うので、1年間使用してきた感想を交えながら解説していきます!

最初に結論だけ申し上げておくと、「必須ではない」です。理由も後述していきますので、購入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

ちなみに僕は日頃使用しているiPad mini 2019用に購入しましたが、Apple Smart Cover (10.2 iPad と 10.5 iPad Air用)レザー仕様もあります!



Apple iPad mini Smart Cover 外観


まずは外観です

開くとスリープモードから解除され、画面が点きます

マグネットで装着されていますが、画像のように簡単には外れません

とても薄い!閉じるとスリープ状態になります。

裏地はマイクロファイバー素材で肌触りが良く指紋もつきにくいです

裏側にも平らな状態まで折り畳めます


とても薄いですが細部に渡ってしっかり作り込まれているので、チープにならず品があるところはさすが純正です!


Apple iPad mini Smart Cover 商品情報


Apple iPad mini Smart Coverの商品内容は以下になります。

サイズ 約135 × 204 × 10 mm
重さ 約59 g
カクタス、サーフブルー、アラスカンブルー、コーンフラワー、パパイヤ、ピンクサンド、ホワイト、ブラック
装着方法 マグネット吸着
料金 4950円(Amazon購入時)


色は8種類ありますが全て揃っていないこともあるので、その際はApple公式サイトで確認してみてください。

楽天で良く割引やポイント還元が行われているため、購入時は必ずチェックしましょう!


Apple iPad mini Smart Cover メリット


デザイン性が高い


外観でも申し上げた通り、なんと言ってもデザインがスタイリッシュでかっこいいです!

非常に薄い割に程よく手に馴染み、表のコーディングもマットな仕上がりで高級感があります。

マグネットが吸着する際のパチっとハマる音や感触、カバー開閉による絶妙な画面の点灯・消灯等、ユーザー体験においても心地よいデザイン(設計)となっています。

2パターンのスタンドに切替可能


スタンドとしても活用でき、2パターンの切替が可能になっています。

高角度モード

据置きにして、本や動画を見るときに適しています。

低角度モード

Apple Pencilを使って文字を書くときに便利です。


Apple Pencilを持っていない人でも、片肘をついて机で読書する際には少し角度があると見やすくなるためおすすめです。

iPadの使用用途によっても変わりますが、これ一つあるだけで画面保護とスタンドの二役が可能なので使い勝手が格段に上がりますよ!

Apple純正の安心感


なんと言ってもこれですよね…

当たり前の話ですけど純正だと親和性が高いですし、機能面もさることながら見た目の美しさや操作性の良さ等、様々な角度からユーザー体験を向上させてくれます。

Apple製品は単体だけでなく、それらを組み合わることによってさらに魅了が増しますので、試したことがない方はまずアクセサリーから入門してみるのもありかと思います!


Apple iPad mini Smart Cover デメリット


手で持つとき不便


背面に微力ではありますが貼りつくような加工が施されていて、だらーんとは垂れ下がらないようになっています。


しかし、読書する時に手でカバーごと持っているとどうしてもズレてしまうため、付けたまま読むのであればカバーをどけて持つ必要があります。

ケースを外してしまうのもありですが、それだと使い方としてちょっとスタイリッシュじゃないですよね…

角度が変えられない


スタンドの種類は上で紹介した2パターンしかなく、角度の微調整は出来ません。

動画を見る上でちょうど良い角度に設計はされているのですが、やはり自分の好みに合わせられないのは歯痒いところがあります。

使う場所が限られているのであればそこまで気にする必要もないかなと思いますが、汎用性はやや下がるかなという印象です。

料金が高い


なんだかんだここが一番気になるところですが、画面カバーと開閉時の画面ON/OFF、2種類のスタンドで5000円弱はやっぱり高いですよね。

一度使ってみたいと思っている方も敬遠しがちな要因はここにあるのかなと思います。

サードパーティから様々な類似商品が出ているので、Apple純正にこだわらないのであればこちらも検討の余地ありです。



使ってみた感想+別の方法


僕は基本的にスタンドを高角度にしたまま使用していますが、安定感があるため早々倒れることはありません。

また背面にケースを付けず1年以上使っていても傷はほとんど付かないため、別途購入する必要もないかなと思います。

外出先でもさっと手にとりカバーを開き画面を点灯→スタンドを使って作業→終わったらカバーを閉じてスリープ状態という流れがスムーズに行えるので非常に重宝します!


ただ…
純正だけあってデザインも使い心地も抜群ではありますが、一点気になるとすれば上でも申し上げた「手持ちでカバーごと持つことができない」というところです。

もちろん出来ないわけではないんですけど、持っているとズレてくるのでそれを考慮しながら使うって煩わしいんですよね…

使う度に付けたり外したりするのってなんかスマートじゃないですし←


…ということで「ズレは気になる」けど「付けたり外したりする」のはなんか嫌だという方が僕以外にもいれば、別の方法をおすすめします!

その方法というのが

ポイント!

保護フィルムタブレットスタンドを組み合わせる!

です。

最近は僕も専らこちらの方法で使用していますが、これなら保護フィルムで画面を保護しつつ、据置きにする際はスタンドに設置することで好きな角度に調整することが可能です。

手持ちの際はiPad本体のみで煩わしさもないですし、作業ベースで角度を変えられます。
ちなみに保護フィルムは、Nimasoの強化ガラスフィルムがおすすめです!

【Nimaso iPad mini ガラスフィルム レビュー】2019 /mini5 /mini4に対応【ガイド枠付き】

続きを見る


タブレットスタンドはspigenを使っていますが、この辺は好みによるかなと思います。


SmartCoverのように一つで二役とはいきませんが、使い分けることでデメリットを解消することが出来ます。両方購入してもSmartCoverより安いですしね。


しかし外出時に荷物を少しでも減らしたい場合は、iPad+SmartCover以上の組み合わせはないと思います。

僕は用途によってどちらの方法も活用しているので、購入する際はどちらが自身のスタイルに合うかよく検討してみてくださいね!



レビューまとめ


僕が購入をおすすめするのはこんな人!

  • Apple純正のSmartCoverがほしい人
  • 保護フィルムとスタンドを別々に買いたくない人
  • 荷物をなるべく増やしたくない人


サードパーティ製品と比較しても出来ることはほとんど変わらない上に、料金も高めなので正直購入すべきとまでは言えません。

ペンが一緒に収納できたり、背面カバーが付属されている等、他に譲れない条件があればそちらを優先すべきです。

しかしiPadとの親和性や装着時のフィット感は純正品ならではの高品質な仕上がりです。

コスト面を気にされない方やこれを機にApple製品の組み合わせを試したい方は、ぜひ一度検討してみることをおすすめします!


-APPLE, スマホ

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5