ガジェット 家電

【Anker 24W 2ポート USB急速充電器 レビュー】携帯性・汎用性が高くおすすめ!


最近はUSB充電器の種類が多くなって、迷うことが増えてきましたね!

1つで複数コネクタ(USB Type-A、USB Type-C等)から充電できたり急速充電が可能になったり、安全面においても今まで以上に配慮され、各方面において様々な技術が進歩しています。


ただ、新技術が発表されるとついつい新製品や多機能なものに目が向きがちですが、最優先すべきは自身の使用用途にあった充電器を選ぶことです。

例えば、「サイズ」や「重さ」は家での使用のみを想定するなら気にしなくていい部分ですが、外出時の使用がメインであればコンパクトかつ軽量なものがいいですよね。

「ポート数」に関しても、家なら電源タップがあるので1つに多く搭載されている必要性は限られますし、外なら持ち出す端末数や使用人数分あれば事足ります。


どんなに多機能でも用途次第ではオーバースペックになってしまったり、無駄なコストが掛かってしまうケースがあります。まずはどのように使う予定なのかシミュレーションし、を整理してみることが大切です。

ちなみに今回おすすめするUSB充電器は携帯性とポート数がポイントになります!


充電スピードやポート数だけ見ればもっと優れた商品もありますが、この製品は小さく軽量でなおかつ2ポート最大24W(1ポート12W)とApple純正(5W)よりも高出力になっています。

出先で手軽に使うときや常時携帯する上でとても使い勝手の良いので、特に持ち歩くことが多い人はぜひ参考にしてください!



Anker 24W 2ポート USB急速充電器 外観


まずは外観からです!

電源プラグはこのように折りたためます

取り出すとこんな感じ

USB Type-Aが2つ(1ポート最大12W)

ポイントカードと比べてもかなり小さいことが分かります


電源プラグが折りたためるので小さなポーチ等に入れる場合もかさばりません。


Anker 24W 2ポート USB急速充電器 商品情報


Anker 24W 2ポート USB急速充電器の内容は以下になります。

サイズ5.5 x 4.7 x 2.6 cm
重さ77.1 g
ホワイト、ブラック
充電技術Anker独自技術ののPowerIQとVoltageBoost、低電流モード
※Qualcomm Quick Chargeには未対応
安全性サージプロテクター、ショート防止機能、温度管理
付属品取扱説明書のみ
料金1599円(Amazon購入時)


2色から選択できますが、料金が違うことがあるのでご注意ください。…と言っても差はほとんどないはず(執筆時99円差でブラックが高い)。

また、Amazonでよく割引キャンペーン対象になりますので必ずチェックしてみてください!

ケーブルは付いていませんので、別途購入する必要があります!


最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文で18ヶ月保証、Anker会員はさらに6ヶ月の延長保証)が付きます。

ケーブルについては、基本的に今使用しているものがあれば問題ないと思います。

ただ、接続機器に対して最適に動作するよう設計されているので、充電速度を少しでも効率よく行いたい方にはおすすめです。

ケーブルは消耗品なので、断線したり接続不調になった時用に余分に用意しておきましょう!


Anker 24W 2ポート USB急速充電器 ポイント


ポイントを整理しましょう!

コンパクトかつ軽量


サイズが 5.5 x 4.7 x 2.6 cmとポイントカードより小さい上に、77.1 gと軽量で携帯性にとても優れています。

収納が容易で気軽に持ち運べますので、常時バッグに入れていても気にならないですよ!

2ポート最大24W(1ポート12W)


2ポート対応しているので外出先でコンセントの差込口が1つでも安心です。

また1ポート最大12Wと高出力なのでiPadも問題なく充電可能です。

複数端末を持ちだす場合や打合せ等で2人同時に充電できたりと、様々な場面で活躍します!

サージプロテクター


落雷によって瞬間的に高電圧、大電流が流れることを「雷(カミナリ)サージ」と言います。

サージプロテクターとはこの異常高電圧から、接続している機器を保護するものです。俗にいう雷ガードが搭載されていますよってことですね!

落雷による一般的な被害は、雷が電柱付近等に落ちて送電する電圧が一瞬跳ね上がり、電源線を伝って各家庭やオフィスのコンセントから機器に流れ込むことで発生することが多いと言われています。

なので雷対策をする上で、電源線から進入する雷サージを防止することが最優先になるわけです。

一般的な防止策として、雷ガード等がついた電源タップを購入するかと思いますが、本商品はその機能が内蔵されています。外出先では雷ガードでない電源タップがほとんどだと思うので、不測の際にも搭載されていると安心して使用できますね!

ちなみに僕自身まだ落雷の被害にあったことがないので、実際問題なかったかは検証できていません。雷怖い


使ってみた感想


念の為、改めて所有数を確認したところ、

  • 常時持ち運び用
  • リビングルーム
  • 仕事部屋
  • ベッドルーム

の4つでした。

3つだと思ってたんですけどね…いつ増えたんでしょ←

僕は基本的にiPhoneとiPad用に使っていますが、1ポート最大12WなのでiPadも純正品より高速で充電できます。

ただし、お使いの端末が高速充電に対応している必要があるのでこちらは事前にご確認くださいね!ちなみに僕はiPad mini 5を使っています。


この商品の良いところは1つ2000円いかないくらいなので、作業場所ごとに用意できるところです。場所を変えても同じ環境が整っていると、ストレスフリーかつ効率良く作業が行えるのでおすすめです!

また本商品に比べて出力数は落ちますが、同じく2ポートで出力も純正品より高いAnker PowerPort 2 Ecoも良いかと思います。

お値段も1000円ちょっとと安いので、スマホをメインで使う方ならこちらもご検討してみてください。



レビューまとめ


僕が購入をおすすめするのはこんな人!

  • 常時持ち歩くUSB充電器がほしい人
  • Apple純正(5W)よりパワフルな出力がほしい人
  • 最低限2つのポートがあればいい人
  • 複数の部屋で作業をする人


一箇所のコンセントしか使わないことってあまりないのかなと。

どちらかというと2〜3部屋を少しずつ拡張したほうが、作業する際に場所を選ばなくて済むのでおすすめです。

僕も仕事部屋、リビング、ベットルームでそれぞれ1つずつ設置しているので、どこでも快適に充電を行うことができます!

個々の値段を下げることでコスト削減にもなるので、1つのUSB充電器で比較するだけでなくお使いのデバイスをどこに持ち込むかという視点で検討してみても良いと思います!


-ガジェット, 家電

© 2021 tugublog Powered by AFFINGER5